CADPERT Ver7 はWindows Vista・7・8・10で動作するネットワーク工程表作成ソフトです

工程管理ソフトの決定版 「CADPERT」

CAD PERT Ver.7.00

工程計画が現場の段取をスムーズにします。 早く、簡単に工程表作成を可能にし、快適な施工環境を実現します。

お知らせ

 
2018.6.1 事務所移転のお知らせnew

この度弊社は6月1日に下記住所に移転し業務を行うこととなりました。また移転に伴い、電話番号とFAX番号が変更になります。

新住所:〒060-0806

札幌市北区北6条西6丁目1-14

TEL 011-792-5443

FAX 011-792-5444


2017.12.16 ファイルバージョン7.0.0.6をアップデートしましたnew
更新情報確認で、アップデートできます。アップデートの手順はこちらをご覧ください
主な変更点は、以下の通りです。
・オブジェクト挿入 表示エラーによる不具合を修正


2016.5.20 バージョン7をリリースしました
バージョン7はWindows10に対応しています。更に機能面においてもバーチャート変換表示機能など新しい機能を追加しました。詳しい内容は「機能について」のページをご覧ください。

2015.8.1 バージョン6.10をアップデートしました
今回のアップデートでは、ライセンス認証解除をネットでお手続きできるように改良しました。従来のFAXやメールでのお手続きにおいてはすぐに対応できないケースもあり大変ご不便をおかけしたしましたが、ネットでいつでも認証解除手続きができるようになります。バージョン6.00からのアップデートは無償で行えます。アップデートの手順はこちらをご覧ください

 

5大ポイント

【自動工期計算機能】

作業間のつながりをダミー矢線でつなぐだけ

関連した作業矢線をダミー矢線で結合していきます。工期計算ボタンをクリックするとネットワーク工程表が自動で作成できます。また、作成したネットワーク工程表の矢線プロパティの所要時間などを変更して工期計算させることにより工期シミュレーションを行なうことができます。

cadpert01

 

【クリティカルパス表示】

工期計算後に赤色表示で明確化

工期計算させることによりクリティカルパスを赤色表示で明確に表示させます。これにより重点管理作業が明確となり、短時間に適切な工程計画の立案が可能となります。

【山積み表示】

投入労務やリース機材の平準化

作業矢線に作業量と歩掛のデータをインプットすることで、山積みを表示させることができます。これにより必要であれば山崩し等の調整により見直しを行ったうえで、再度工期計算によるシミュレーションを行い工程を確定させます。

【出来高表示】

工事の進行基準に有効活用

作業矢線に資源単価をインプットすることで、金額による出来高曲線を表示させることができます。また単純に資源数の割合でも出来高曲線を表示させることができます。工事進行基準にも有効に活用できます。

cadpert01

【バーチャート表示】newバージョン7追加機能

工事の打合せ資料として活用

ネットワーク工程表作成後にバーチャート変換ボタンをクリックするとバーチャート工程表が自動で作成できます。表示の並びを作業名又は資源(職種)名にすると目的に応じたバーチャート工程表を作成することができ、打合せ資料として活用できます。

barchart

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ